ミニマリストを目指し一度物を減らして分かったことと、その後持ち物が増えたことへの言い訳

タロウです。


サムネイルは、超すっきり空間になった我が家の和室兼寝室。右手の押入れは僕のデスクスペースに改造してます。


この一年ぐらい、ひたすらにミニマリストを目指して断捨離を進めていたのですが、ある地点を過ぎたところで、「自分なりの最小限」と「これがあったら便利だね」というところが見え始めて、物を減らすことで見えたことやその後持ち物が増えたことに対する言い訳をシェアしたいなと思いました。



物に囲まれて何が大事なのかを見失った人、これから物を減らしたいぞって人の何かヒントになれば幸いです。





この世の中にはいろいろな「ミニマリスト」が存在する

YOUTUBEやINSTAGRAMで「ミニマリスト」もしくは「MINIMALIST」と検索すると、本当に多くのアカウントがヒットします。僕が初めてこの概念に出会ったのは確か3年前。


よく読んでいたブログがあってその人が、効率よく荷物をまとめてコンパクトに身軽にいろいろなことに挑戦しているのを見て、そこに紹介されていた言葉、というか概念が「ミニマリスト」でした。「これから流行るんじゃないかな~」くらいに紹介されていたのですが、先見の明があったんだなあと思います。


当時は、検索してもあまり大々的にはヒットしなかったように感じます。ここ2年ぐらいは、一気に表に出てビジネス感が増してきているような気がしますね。


そして本当にいろんなミニマリストがいるんですね。ミニマリスト界隈の誰かの「人によって最小限は違う」という言葉がすごく印象に残ったのですが、実際にマットレスすら持たない床に寝る人や、食べるものも断捨離していく人。かと思えば、普通に家具もあるし絵画も飾ってあったりする人。無印のショールームかな?ってくらいの部屋を紹介する人もいてもはや「ミニマリスト」ってなんぞ?状態です。でもそんな得体のしれない肩書を、一時は目指していくことになるんですよね・・・・。



ミニマリストを目指すきっかけ

確か、自分が物を減らそうと思ったきっかけは、当時引っ越しを控えていて急な出費でエアコンを買うために自分の大事にしていたギターを売却したタイミングでした。


リッケンバッカー620というギターで大学の時にアルバイトをして買ったギターでした。大事に家で引いていたのですが、残念ながら猫に小判。正直使いこなせていたとはお世辞にも言えません。でも、その時のぼくは「モノより想い出ではなく、モノにも想い出」という謎のモットーを掲げ、それはそれは物をため込むマキシマリストでした。





他にも大量の釣り具や、買い込んだ古着・・・・よく語られがちな理由ですが、いわゆる物持ちすぎ状態になって、何やってんのかわかんない状態。社会人になって、手持ちの道具をすべて使うような時間が無くなってきていて、その中でも大事にしていた時に、上記のギター売却の件。もうなんだか疲れてました。



そして何よりも自分をミニマリストの方向へ向かわせたのは、それを失ったことが「そこまで悲しくなかった」ということ。おそらくこれが一番の理由です。




自分の中の「大事」を再確認したいから物を減らし始めたら管理力の無さが露呈した

自分では大事だと思っていたものを失ってもそこまで悲しくなかった。その時に、じゃあ自分の大事なモノってなんだっけ、と自問して、そしてそこですぐに答えが出せなかった。ちょっとショックでした。



そこから、僕のモノ減らしが始まりました。このギターいらないなら、これもいらんだろ、これもいらんだろ、と。当初は奥さんからも極端で怖いわ・・・といわれるまで。



クローゼットを占拠していた大量の服は、いまではクローゼットの半分もありません。買い込んでいたCDや本はほとんどがデータのみに。ゲームは1つもなく、ベッドもない状態まで。



そこまで減らしても、正直あまり不便ではないのです。それなりの生活になっていくだけ。仕事が忙しくて釣りも行けないし、たまの休みは酒でつぶれる。そんな生活に釣り具はそこまで要らないし、服も会社に行く服と1着2着の一張羅があれば休日は事足りる。



結局、減らし続ける生活は今年の夏ぐらいまで続きました。半ば強迫観念に駆られながら。


そういうモノを処分する過程で、自分が本当は何を必要としていて、何が必要でないのか、自分の最小範囲というか「自分が把握・管理できる最小範囲」が分かるようになってきました。「自分が把握・管理できる最小範囲」を超えた物は、僕の場合それ自体が「使わないといけない」という強迫になって返ってきていたんだと思います。



そういう生活を続けているとあそこにあれあったはず~とか思ってたら、捨ててたり。思った以上に頭悪いぞ自分、と。結局のところ自分が把握できる物量なんでたかが知れているんだ、と思い知らされるわけです。



これは思いのほか、どんどん減らしていかんといかんやん!って思い知りましたね。




絞り込んでいくとどうしても捨てられないものが出てくる

当初、自分の持ち物の範囲を家具を除いてスーツケース2つという範囲まで絞り込むことにしました。なんでスーツケース2つかというと、ハイパーメディアクリエイターと呼ばれ一部界隈では揶揄もされた高城氏のこちらの本を読んだから。かぶれか!といわれたらそれまでですが。



ちょうど海外のお客さんとよく話をするようになった時期で、世界を飛び回りながら貿易をしている人たちにめちゃくちゃあこがれていた時期でもあります。今でもあこがれてるんですけど。



でもですね、真似できないんですよ。玄米だけ食うとか、そもそも金持ってるから外食ばっかとか。僕サラリーマンですから。魚屋ですから。食い物は絶対に減らせないです。好奇心の向く先なので。釣り具は減らせる、服も減らせる、でも調理器具だけはどんなに頑張ってもそんなに圧縮されない。



そしてそこまで行ったときに、初めて自分の譲れない物が浮かび上がってきたわけです。この場合は、「食」という部分ですね。これだけは譲れない!味噌汁は必要!炊飯器は要らないけど、米は絶対要るから鍋で統一すればいいや!みたいな感じ。


フル装備じゃないと楽しめない!と思ってた釣りも、レンタルだったり、コンパクトロッドだったりでも楽しいし!という感覚に変わってくるんですね。むしろその範囲が自分の趣味の適正だなとも感じます。



そうすると、だんだんと自分の範囲というものが分かってくるんです。


自分の範囲が分かると、+αはあまり気にならなくなった

物を処分し始めた当初、奥さんのものまでノイズになって気になってしまう、極端な断捨離病にかかったこともありました。結構ケンカしたこともあった気がする。



家全体が自分の箱で、それに対して物が少なくないといけない、という固定観念がそうさせたのかもしれません。でも、自分が大事にしたい範囲と、自分の持ち物がしっかり把握できるようになるとあんまりそれも気にならなくなってきました。



結局のところ二人で暮らしている以上、奥さんの物は僕の主導権では減らせません。どうして物を減らしたいのかを一度話をする機会があって、物を減らして生活のノイズを減らしましょうという方向には同意してもらいましたが、普通に服は季節ごとにたくさんあるし、男の僕には理解できないくらい化粧品は多い。あのクリームは一体何に使うのだ、とたまに考え込むことがあるくらい。



今我が家にはカリモクのソファーがあり、ダイニングテーブルがあり、空気清浄機があり、バリスタがあり・・・・とそこまでミニマリスト然としていない部屋になっています。観葉植物もあるし、なんならこの間誕生日にNintendo switchもらいました。





少し前なら、もっとモノトーンで、すっきりしないと!家での作業に没頭できないじゃん!なんて思ってこんな環境では気が気でなかっただろうと思います。もうマジで病気。



でも今は、自分の中で最低限がぼんやりと分かっているので、それ以外に多少ものが増えても、ある程度お気に入りの物、自分の生活を豊かにしてくれる理由があるものなら気にならなくなりました。そしてこのブログではそういうモノを買ったぜ!とか紹介するぜ!って記事にしてます。




それでも人から見れば物は少な目になるっぽいので、このブログのプロフィールには「物少な目な人」と書いています。いつか返上しないといけないかもしれないですね。





ミニマリストではないけど、自分のミニマムはわかっている人です

最終的に僕の目標は、世界を旅しながら仕事楽しんでバリバリする人なので、最終的な僕の最小限の荷物は、某ハイパーメディアクリエイターに倣ってスーツケース2つぐらいにまとめ上げたいなと思ってます。理想は家具付きの部屋を転々と居を移していくような、ノマドな生き方。




上でもお話した通り、+αはいつでも処分できるし、自分の自信をもってお勧めできるお気に入りのモノだらけになるはずなので、最悪人にあげてもいいし、喜ばれるかも=だから所有してもいいという論理で納得してます。



なので、自分の最小限を常に持ちつつ生きる「自分のミニマムをわかってる人」でありたいなと思ってます。火事場でスーツケース2つで逃げ出せるような人間が理想。



物を減らすことは、自分の輪郭を把握すること。そしてそこに肉付けしていくことや周りを許容することは大人としての必要な器なのかなと今は思うようになりました。必要なものを理解して、いざとなれば必要のないものをすぐに判断して処分できるようになればそれでいいや、という感覚です。




もっと自分をプロファイリングして、把握していきたい

最近は自分の持ち物リスト、なんていうモノをひそかに作っています。エクセルで。んで、できればすべてに自分で納得する所有の理由を語れるぐらいでいたいので、こっそりとPROFILEページをいじって、持ち物リストを作ってます。自分の一軍リスト、みたいでちょっと楽しい。




最近物の記事ばかりだから、自分の中でもこれでええんかな?という思いもあって長々ダラダラ言い訳やらなんやら書き綴ったんですが、おかげでスッキリしました。


もっと効率的に楽しむために環境をブラッシュアップしていきたいと思います。



ではありがとうございました。








RECOMEND こちらもおすすめ

0 件のコメント :

コメントを投稿