パーティにもおすすめ 安いむね肉で最高の肴を作ったった しっとり柔らか茹で鳥を家で再現

タロウです。



先日行ったマグノリアンカフェで食べた茹で鳥が最高にうまかったので、これを家で食べられたらQOLの数値がガン!とあがるのでないかという知見の元、茹で鳥作りにいそしみました。





結果めちゃくちゃ楽に作れてしかもめちゃうまいという結論に至りましたのでシェアします。絶対作ってほしい。





鶏むね肉を余熱で茹でる

いいかぁ~?今回のポイントはある程度茹でたら余熱で調理をするというところだぁ~。


と激レアさんチックなナレーションを脳内で再生させながら調理開始です。


お湯を沸かします。



ショウガをいれます。




鶏むね肉を



皮目を下にして


ドゥッッポォウン。




ドゥッッポォウン。



中火で沸かしていきます。





沸きました。


沸いたら皮目を上に返してさらに1分くらい。


そしたらすぐに火を止めて蓋をして10分ほど余熱で放置します。




10分後デス。



すごく良いスープが出ているので、こちらは中華スープを作ろうと思います。



余熱で調理後荒熱を取る

取り出しました。この状態で荒熱を取っていきます。あまり放置すると皮目が乾燥するのでラップするといいかも。




切ってみた

・・・・赤い。3分ほど沸騰しなおしたゆで汁に漬けなおしました。


その結果です。

パーフェクト。火は通ってます、でも茹でた鶏とは思えないぐらいしっとりプルプル。



皮も中華によくある茹で鶏ぽくなって非常にうまそう。


たれを作ります




こちらです。結論から言うと結構ネットリ系を作るのが良い。薄いとシャバシャバします。


内容は

おろしにんにく 小指の先3
おろしパクチー 小指の先3 
おろししょうが 小指の先3
ラー油 多め
砂糖小さじ3
塩小さじ1
ごま少々
ゆで汁 少々


です。



実食!



もやしをレンジでチンして蒸して、レタスを散らしました。うまそう。




サッポロがログインしました。


味のほうは・・・・



美味い・・・・。


しっとり、でもしっかり。濃厚な鶏のうまみと肉食ってる感、それにソースがとっても中華感を引き出しててサクサク食べられる。しかも鶏なので罪悪感なし。


これで300~400円のボリュームって最高じゃん。


制作時間は約30分。最高やん。



ただし、ソースはちょっと薄かったので次の日、次のレシピで作り直しました。



内容は

おろしにんにく 小指の先3
おろしパクチー 小指の先3 
おろししょうが 小指の先3
ラー油の代わりに豆板醤ペースト 小指の先3
砂糖小さじ3
塩小さじ1
ごま少々
ゆで汁 無し
中華出汁の元  3つまみ
刻みネギ たっぷり
焼肉のたれ 少々

ゆで汁を減らし、極限までドロドロ系を目指しました。ポイントは焼肉のたれデス。


結果です↓



最高。絡みが良くなってより鶏のさっぱり感をコントラスト強く強く感じられるようになってる。水分も少ないのでシャバシャバ感なくてよろしい。




感想

安い鶏むね肉をこんだけ短時間で調理できてしまうので、もうこれ主食でいいんじゃないかなと思いました。米炊く時間とさほど変わらない。



調理器具も少なくてOK。鍋一つデス。


ソースをいろいろ工夫したらバリエーションもできるし、何かのトッピング用としても茹で鳥の作り方覚えておいても損は絶対ない。


僕は次のホームパーティで絶対作ろうと思いました。


ぜひお試しあれ!


では~。




↓パクチーはこのSBの奴使ってます。
RECOMEND こちらもおすすめ

0 件のコメント :

コメントを投稿