年始に寿司を握ったらプロのすごさを実感したので今年は寿司を握れるようになりたい

ぶりを捌いて背腹とカマに分けた画像
タロウです。


年明けからの記事の更新に追われる日々です。


さて、年始に挙げていた寿司を握れるようになる、という目標ですが、すでに年始にやっておりましたのでここにご報告します。






今回の年末のお魚

今回年末に調達したお魚はこちら。


まずはクエ。いわゆる九州で言うアラです。
クエの画像


初めて自分でさばいたけど、本当にしんどかった。


クエのカマ焼きの画像


クエ鍋とか、刺身にして食べました。


お次はブリ。福岡の正月といったらブリです。贈り物にもぶりを送ったりします。これはさばくのは慣れた物。

ブリの画像

刺身とブリ大根などにしておいしく頂きました。


んでもってタイ。めでたい。
真鯛の画像

刺身と潮汁にしておいしく頂きました。



そんでもって友人に配ったりいろいろして、年始まで残ったのがこちら。

寿司を握るために作ったネタを上から撮った画像

ウナギは冷凍庫にあったやつとホタテは冷凍の刺身用。サーモンも冷凍のサクを解凍しました。



寿司を握るために作ったネタの画像


左からサーモン、ブリ、クエ、真鯛、ホタテ。ホタテとサーモン以外は熟成に成功してこりゃーうまい!ってくらい味が深くなってます。




酢飯を作る

飯炊き3年握り8年という言葉があるぐらい難しいのシャリ作りですが、まあそこは初めてなのでクックパッド見ながら作りました。


普通の配分よりも少し甘めに作るために砂糖は多めに入れました。


もし苦手ならすしっこ使いましょう。









菩薩の心で握っていく

あとは握るだけです。

サーモンの寿司を握っている画像

結構いい感じでしょう。めっちゃ楽しい。


すし飯は小さめにすると高級店っぽくなっていい感じ。


握り方はYoutubeとか、英語勉強に使用してるこちらの本を参考にしました。

寿司の握り方を勉強した寿司ハンドブックの画像

寿司の握り方を勉強した寿司ハンドブックの中の画像


小手返しという握り方を覚えました。





完成・実食

できあがったのがこちらです。
自分で握った寿司をプレートに乗せた画像

良い。色味は白系が多くてちょっと・・・ですが見栄えはそこそこ。

自分で握ったホタテとクエとブリの寿司の画像

特にこのブリ・ホタテ・クエの色味が美しい。


自分で握ったタイとサーモンとクエとブリの寿司の画像

ちょっとネタを薄く切りすぎたかなあ、という印象。


さて肝心のお味は・・・?



うまい。すし飯と刺身の味!それ以上でもそれ以下でもない。



どうしてもお店の味には程遠い。



一体感とか、すし飯の味とか・・・まだまだ追求できるところはある。ネタの切り方にしても、おそらく身の繊維に対しての切り方があると思われます。





プロはやはりプロ、けれどもっと回数をこなして素人の上位を目指したい

プロの腕前を痛感しました・・・。


素人の思い付きではやはりうまくできないもんですね。


でもそれだけに、一般人ができるとこを突き詰めてみたい。すし握れたら絶対楽しいと思う。


もしうまくなったら・・・・


  • 刺身だけじゃなくで
  • 回転ずしで働けそう
  • 海外でちやほやされそう
  • 海外でいざとなったら寿司職人になれるかも


という空想をしています。


あとそれと寿司屋に行ったときに見る世界が変わる気がする。



スーパーのサーモンのサクとすしのこ買うだけでできちゃうと思うので、興味あったら明日でもできます。


多少いびつでも刺身+酢飯の美味さまでは到達するので、ぜひやってみてほしい。



僕も頑張る。


では。

0 件のコメント :

コメントを投稿