小学生ぶりの大人の書道 2019年度タロウ家書初め選手権が開催された模様です


タロウです



1月も半ばにかかろうというときに、書初めの話題。SEOとかトレンドとか関係ない。それがTAROGデス。


一年の計は元旦にあり。というわけで目標は立てているにも関わらず書初めをして心に目標を叩き込もうという魂胆です。





準備するもの

100均ですべてそろいます。新聞紙は勝手に郵便受けに投函される地域情報誌を使いました。

100均で揃えた書道の道具の画像



おおよそ500円程度ですべてそろいます。セリアは神。
100均で揃えた墨汁と墨汁入れの画像



完成品がこちら


奥さん作がこちらです。長渕をフューチャーしての一枚。まがまがしさが強く出ている。なぜ新年にこれをチョイスした。
書初めで書いた長渕をフューチャーした作品


上はスペシャル書初めということで一人3枚書きました。「楽しく生きる」「自力」「感謝」。
100均で揃えた書道ので書いた作品たち

まるでポジティブ系のラッパー。


でも、切実な願いだと思うので、実現できるように僕も頑張る。




そして僕の書初めはこちら。

100均で揃えた書道で書いた作品たち

 「継続」は我ながら良い言葉のチョイスだなと思いました。昨年ブログをやっていて、本当にすごく強く感じた言葉だったので。



残りが欲にまみれている。「痩身」「英語ペラペラ」。特に「痩身」に気合が入っているのはご愛敬。




やってみた感想:気持ちがしゃきっとする

背筋を伸ばして一息に書き上げる間、呼吸すら気にして集中する作業ってすごく良いです。炭の香りと筆の触感がまた風情があってよい。


改めて何を書こう・・・と考える時間もなかなか良いです。


今まで仕事に全力で取り組んで帰ってきたら疲弊して爆睡という作業を繰り返していたので、非日常を感じる瞬間を積極的に生活に取り入れるのは精神衛生上とてもよろしい。



そういう意味で紙と筆に向かった時に感じる書道の非日常感って最強に近いかも。僕の飲み友達も、女の人を口説くときに非日常を演出すると言っていた。人の心を動かすんでしょうねえ。



100均でそろう道具でここまでのハイリターンがあるものってなかなかないです。片付けめんどくさいけど。


たまには非日常、取り入れてはいかがでしょうか。




RECOMEND こちらもおすすめ

0 件のコメント :

コメントを投稿