エビ(ブラックタイガー)もらったからパクチーが隠し味のエスニックガーリックシュリンプ作る 

タロウです。


水産屋に努めていると、魚をいただくことは多々ありまして、日々お魚を食べていろんな魚の勉強をするわけなのですが。


今回は無頭の冷凍ブラックタイガーのブロックをいただいたので、エビをたくさんいただいた時の定番。ごっそりガーリックシュリンプを作りました。




ガーリックシュリンプの作り方

背中を割って背ワタを取ってしたごしらえ

解凍が終わったら、背中を出刃包丁で割っていきます。つまようじで抜く方法もありますが、火も通りやすくなるし、殻も剥きやすくなるうえ、味も絡みやすくなるので、この方法を採用してます。なんといっても楽。



こんな感じ。盛大に手を切りました。殻は刃が滑りやすいので注意して切ってください。頭のほうから殻の端からしっかり刃を入れていくのが吉。慣れてない人が背中の丸いところに刃を当てると非常に危険です。





下味は濃いめに

背ワタとりが終わったらワインか酒を軽くまぶして臭みとり。


少し置いたら臭み取りの酒を捨てて味付けをしていきます。


まずは塩。


胡椒に適当に香草。ディルとかローズマリーとか良いと思います。

それと旨味に昆布だし。

昆布だしは、あると味噌汁とか浅漬けとか、しめ鯖とか何でも使えるので業務用を買ってストックしてます。


これらできっちり味をまぶして、少しだけ置きます。5分くらいで大丈夫。



バターとニンニクでガッツリ炒める



バターを多めに敷いて、にんにくは人差し指大。好みで多めにしてもよし。


バターに少し色がついたら、エビを投入します。


全面に火が通るよう、敷き詰めて中火でじっくり。


少し揚げ焼きっぽい感じになるように焼いていきます。ここで、画像のようにキノコを混ぜるとエビの旨味を吸収してうまし。



エスニックの隠し味、パクチー


最後の隠し味でこいつをお好みで溶けたバターに混ぜていきます。このきざみパクチー、パスタに入れたりカレーに入れたりすると入れた瞬間からほとんどの料理がエスニックに変化してオススメです。青じそチューブとともに常備してます。


じゃんじゃん炒めて水気を飛ばして、最後にとどめの生パクチーオン。この



彩りまで決まりました。完璧です。



缶ビールを開けて完全勝利デス。


奥さんは殻をむいて。僕は殻ごとバリバリ食べちゃいます。なので殻が揚がって少しパリッとするまで焼くのが好み。


少しバター多めでオリーブオイルも追加して、ナスとか混載類を痛めてもおいしいと思います。ブロッコリーとか。


特にブラックタイガーにこだわらずともスーパーの安売りのエビなんかでも十分おいしくいただけるので、ビールには最強のお供、ぜひお試しあれ。


では







RECOMEND こちらもおすすめ

0 件のコメント :

コメントを投稿