HUAWEI MEDIAPAD M3 lite 8を導入して 作業の効率化と紙書類の断捨離を図る

タロウです



年末から続けている持ち物見直しと業務の効率化計画に伴い、この度androidタブレットを導入しました(この記事は2018年1月の記事を元ブログから移転したものです)。


HUAWEI MEDIAPAD M3 lite 8です


外箱の作りもかっこよくて、密閉性が高くヌポッと蓋が開く感じ。




導入の経緯


①業務内でたまる紙文書をPDF化して省スペース・断捨離したい
②いつでも過去文書にアクセスできるようにデータベース化したい
③スマホでは打ち込みしづらいGmail、腰を据えたチャットなどを外出先でも行いたい
④商談に紙文書を持ち込みたくない


です。

そこでBluetoothキーボードとタブレットスタンドも導入したのですが、それに関しては後程また使い心地をまとめてみようと思います。

機種仕様


今回はwifiモデルではなくSIMフリーモデルにしました。店頭で買って大体30000円位、アマゾンの方が安かったのですが、ビックカメラのポイントが10000くらいあったので、実店舗購入しました。wifiモデルに比べて約7,000円くらい高い。


wifiモデルで、galaxy note8の電波を随時テザリングしながら…ということも考えましたが、電池の消費が激しくなりそうなのと、メールの随時受信やチャットの受け答えを考えると、やはりSIMフリーが良いだろうと考えてこちらに。


これにLINEモバイルのSIMを導入し、いつでもどこでも受信・発信できる体制を構築していきます。


スペックはざっくりと
OS:Android 7.0
CPU 1.4Ghz+1.1Ghz
コア数:オクタコア
記憶容量:32GB
メモリ:3GB
バッテリー:4800Ah
MicroSDカード対応
ナノSIM
指紋認証
解像度:1920*1200
前面後面カメラ:ともに800万画素
重量:310gm

おそらく上記の用途では十分すぎるスペックだと思われます。


もう一つ上のランクの無印M3はメモリ4GBでさらにサックサクという魅力的なレビューがありましたが、今回仕事用ということでオフィスとPDF閲覧がスムーズにできれば良しとして、liteのほうを選びました。


M3はさらに10000以上高いので、飽きやすい僕にとってこの実売価格差は大きい。



開封の儀


さあ開けていきましょう

MADE IN CHINA

誇り高きHUAWEI DESIGN

ヌポッ

人より手が大きめの自分では握りこめる大きさ

ニューケーブルは残念ながらmicroUSB
メイン機器のGalaxy note 8はUSB typeCなので
互換性があればよかった

SIMピンです



使ってみる


実際に始動して使用した作業環境がこちらです



iClever 折り畳み式Bluetoothキーボード IC-BK03
タブレットスタンド

にて、外出先でもオフィス閲覧やブログ更新ができる環境が整いました。


上記二点に関してもそのうち使い心地を記してみたいと思います


肝心の使い心地ですが
①定評のある指紋認証は、期待していたほどではない
 >手が汚れていたり、若干反応が鈍いことがある
  以前に使っていたNEXUS6Pのほうが圧倒的に
  この点に関しては高性能だった


②感動的なほどサックサク!ではない。でも問題なく使えるが若干の動作の重さを感じることがある。
 >ウィジェットや頻繁なタスク除去にて特に問題なく

③せめてUSBはtypeCがよかった
 >一回慣れてしまうとmicroUSBはやはり煩わしい

④重さは全く問題なし
 >そもそも上記の画像のように使用するので
  手に持って使うことなどほとんどない


といったところです。
総合すると3万以下で手に入るタブレットとしては非常に優秀かと思います。コストパフォーマンスで何も文句なし。


これに文句つける人は素直に金出してiPadproかM3買いましょう。


今月末に出張もあるので、引き続き使い倒して、気づいた点は追記しようと思います。



では。


RECOMEND こちらもおすすめ

0 件のコメント :

コメントを投稿